19世紀のモーニングリング

1100

ハーフパールに囲まれた、曲面ガラスに守られている編んだ髪の毛の珍しい指輪。リングの内側に刻印あり。

2日以内に発送します

Description

19世紀のモーニングリング : 10金ピンクゴールド。長円形のロケットの中に編んだ髪の毛が入っている指輪です。髪の毛は19粒のハーフパールに囲まれており、曲面ガラスに守られています。ピンクゴールドのリングは繊細な透かし彫になっています。リングの内側には、« Elizabeth Yve ob 2 sept.1810 aet 79 »(故人の命日と年齢)が刻まれています。19世紀初頭のジュエリー。

サイズ : 59(EUサイズ)・8.75(USサイズ)、サイズ直し可能

中央部分のサイズ : 9 x 13mm

状態 : ガラスに小傷

重量 : 3.43グラム

ジュエリーについて : 髪の毛が入っているジュエリーは18~19世紀に流行っていました。愛する人、または故人の髪の毛が入っていました(後に写真が主流になりました)。こういったジュエリーはメダル、または指輪でした。髪の毛でできたネックレス、ブレスレット、チェーンまたは指輪も存在していました。この工芸は19世紀まで続きました。

追加情報

Matériaux

Période

Pierres

Types de bijoux

リング(指輪)

mourning ring in 10k gold

19世紀のモーニングリング

1100

在庫あり