珊瑚ウエディングコーム

450

珊瑚真珠と金メッキの有機素材ウエディングコーム。ブライダルヘッドドレス。サマーコレクション。

2日以内に発送します。

在庫あり

Description

珊瑚ウエディングコーム : 8本の歯の金メッキウエディングコームです。櫛の歯はべっ甲でできています。上の部分は「pomponne」という、19世紀によく使われていた金を模した合金でできています。また、可動式になっており、オレンジ・赤色の16粒の真珠をあしらったマットゴールドの麦の穂に装飾されています。19世紀、ナポレオン3世時代(またはヴィクトリア朝)のコームティアラ。

高さ : 7.4cm

幅 : 11cm

状態 : 酸化

重量 : 28.59グラム

この19世紀のヘアアクセサリーは髪を美しく飾り、ロマンチックなタッチを与えてくれます。花嫁のヘッドドレスに最適なアクセサリーです。

宝石鑑定士のポイント : 宝石珊瑚は有機宝石の一つです。ジュエリーに使われるのは限られた珊瑚の石灰質な枝幹のみです。宝石の色はカロテンに近い有機顔料から来ており、濃い赤色から白まで、またはピンクの色をしています。

べっ甲にはケラチン成分が含まれており、熱を加えると柔らかくなり、形を変えてオブジェやジュエリーにできます。ブラウンまたはブロンドの色をしており、斑点がある場合とない場合があります。

当時の流行について : 19世紀の女性は頭頂部でまとめた髪を編んでねじ曲げ、顔の両端にはカールでセットしていました。ヘアスタイルにコーム、花、葉やリボンのジュエリーを添えていました。

 

追加情報

Matériaux

Période

Pierres

Types de bijoux

アクセサリー

珊瑚ウエディングコーム

450

在庫あり