アール・デコ真珠層ペンダント

750

新古典主義の情景が描かれた真珠層プレートのラウル・ラムルドデュ作ペンダント。

2日以内に発送します。

Description

アール・デコ真珠層ペンダント : 18金、イエローゴールド。彫刻家ラウル・ラムルドデュ作の新古典主義の情景のペンダントです。このペンダントには真珠層のプレートが施されており、抱き合うカップルと、雨の中で振り返る女性が彫られています。プレートは5本の爪でセッティングされており、ゴールドフレームに収まっています。右下には”R.LAMOURDEDIEU”のサインが刻まれています。1930年頃、アール・デコジュエリー。

刻印 : 鷲の頭のホールマーク、Eugène Martin(1920年から活動開始)の職人ホールマーク、R.Lamourdedieuサイン

ラウル・ラムルドデュ(1877~1953年)はフランス出身の彫刻家とメダル職人でした。1894年、ボルドーの美術学校に入学し、彫刻家と画家であるアレクサンドル・ファルギエールとアレクサンドル・シャルパンティエのもとでパリで学んでいました。活動期間中は、パリのグラン・パレの彫刻装飾の一部を手掛け、プティ・パレの庭の噴水を作り、他にも世界中の彫刻を彫りました。

1933年、Charles Fegdalは『L’art et les artistes』(美術史の雑誌)の中で彼について、「ラムルドデュは画家が絵に狂っているように、石に狂った彫刻家である」と述べました。

高さ(留め具を含む): 3.5cm

幅 : 2.6cm

重量 : 5.40グラム

追加情報

Matériaux

Période

Pierres

Types de bijoux

ペンダント

Pendentif Art Deco Raoul Lamourdedieu Eugene Martin orfèvre

アール・デコ真珠層ペンダント

750

在庫あり