19世紀・ナポレオン3世時代

こちらのカテゴリーは19世紀とナポレオン3世時代のジュエリーを対象としています。フランス第一帝政、復古王政とナポレオン3世時代のジュエリーをお届けしております。イギリスでは分類が簡易化されており、このようになっています : 19世紀初頭のジョージアン期から19世紀末のヴィクトリア朝にわたる期間です。

19世紀後半のジュエリーは高価なものであり、当時の上流階級に限られていました。多量の宝石とダイヤモンドが特徴です。南アフリカ共和国にあるプレミア鉱山の発見(史上最大のダイヤモンド原石が発見された後にカリナン鉱山に改名)とその膨大なダイヤモンドの量によって豊富な貴族たちは安易にその宝石を手に入れることができていました。その時期ではエナメルジュエリーも流通していました。

イギリスと同じように、センチメンタルジュエリーは19世紀でも高い人気を誇っており、愛する人や故人を懐かしむために作られていました。こういったジュエリーは思い人を回想させるような言葉やシンボルなどがよく含まれています。それは例えば対象者の髪の毛や歯のことです。ナポレオン3世時代のモーニングジュエリーは主に金とオニキスや黒玉のような黒い宝石でできています。

恋愛的な場合では、隠れたメッセージ、燃え盛る心の絵や愛する人の髪の毛、または名前が入っています。センチメンタルジュエリーには「友情」のような言葉がよく刻まれていたり、「私のことを忘れないで…」という意味を込められた三色すみれの絵が入っていたりもします。この時期のジュエリーの豊かさを是非メゾンモースのセレクションで味わってくださいませ。

Filters
Done

63 Products