世紀別

こちらから18世紀~21世紀に渡るメゾンモースのジュエリーセレクションをご覧いただけます。20世紀初頭にはアール・ヌーヴォーの終わりで素朴な図形が現れました。カーブの後はアール・デコジュエリーが世界を彩りました。女性の洋服はダイヤモンド、オニキス、プラチナ、ブローチやピンズで飾られ、ジュエリーは少な目でしたが良質のものでした。耳はダイヤモンドや変形可能なジュエリーで飾られていました。

戦後とアール・デコの短い期間の後にはレトロ時代が来ました。また、建築と装飾美術のモダニズム時代でもありました。プラチナマウントは消え、ジュエリーは大きい宝石と金マウントで輝いていました。そしてカクテルリングもその時に誕生しました。ジュエラーは徐々に厚さのあるジュエリーを作っていき、40~50年代には戦車からインスピレーションを受けたブレスレットとタンクリングが流行っていました。

そして、60年代からは束縛からの解放と色彩の時代が来ました。サファイアとルビーが再びジュエリーを彩りました。芸術家たちもジュエリーを作り出していき、ダリは一つのコレクションを手掛けました。この20世紀後半では新しい素材が投入されました。その中ではプレキシガラス、樹脂、ベークライト、金属や木が使用されていました。20世紀のジュエリーは形やスタイルが非常に豊富であり、必ずお気に入りの一点が見つかるはずです。

Filters
Done

162 Products