エナメルリング(指輪)

エナメルリングは19世紀に流行っていたセンチメンタルジュエリーに当てはまることが多いです。センチメンタルジュエリーとは、愛する人や故人を思い出すために作られていたジュエリーのことです。エナメルの色によっては哀悼や喜びの意味が込められていました。多くの場合は言葉が刻まれていたり、シンボルや思い人を回想させるようなものが入っています。恋愛的な場合では、隠れたメッセージ、燃え盛る心の絵や愛する人の髪の毛、または名前が入っています。センチメンタルジュエリーには「友情」のような言葉がよく刻まれていたり、三色すみれの絵が入っていたりもします。また、宝石の色に基づいた言葉遊びも存在しています。

エナメルリングの一部はフランスの地域にまつわるジュエリーもあります。非常に貴重で需要のある宝石ですので、収集品の中でも輝く一点です。こちらからメゾンモースのセレクションをご覧いただけます。

Filters
Done

5 Products